本文へジャンプ
文字サイズ大文字サイズ中
文字サイズを変える
                   トップページ    お問い合わせ
錦鯉新潟ダイレクト便り 野池情報 鯉師の春夏秋冬 錦鯉の輪 ブログ

錦鯉の輪

ヨーロッパ編

2008年6月 イギリス
イギリスの錦鯉流通業者の方から、品評会のプレゼンターとして招いてもらいました。そして、イギリスの錦鯉愛好家の方と交流を深めることができました。
イギリスの錦鯉愛好家の方々の、錦鯉への愛情と知識の深さが感じとられた旅でした。
特に、錦鯉が日常を豊かにしているのではないかと思われるぐらいに、錦鯉ととてもいい付き合い方をしていると思いました。その感覚は、私も見習わないといけないと思いました。
今回も、ありがたい気持ちで、皆さんと交流を深めることができた、すばらしい旅となりました。
私達の到着を待ってくれていました、イギリスの愛好家の方です。後ろの家といい絵になります。 競馬場に向かっている途中に、道を横切る練習中の馬と遭遇しました。日本では考えられない、いい光景です。
愛好家の方に、競馬場の厩舎を案内していただきました。めったにない経験です。それで、→→→ しっかりと、馬と一緒にハイチーズ!(古い)です。
上空から見た、テムズ川と周辺の景色に魅せられました。 宿泊したホテルです。日本のホテルとは趣が違う、歴史を感じたホテルでした。
鯉を扱う販売店です。カラフルで展示方法からも、錦鯉をアピールしているようでした。                    面白い形の濾過機です。この濾過機からも、ヨーロッパの方の知恵とセンスを感じました。
品評会の会場です。この建物の奥に広がる緑の綺麗な敷地で品評会を行いました。→→→ 奥は、この様になっています。大きな垂幕に、気分も盛り上がっていきます。
テント下の展示プールは、一プールごと透明シートで区切られていました。よく考えています。 日本でもなかなか見られない、かなり大きな錦鯉プールにビックリしました。
品評会のスタッフです。皆さんは、終始笑顔で、その辺のところも、私達の見習うところです。 当社に錦鯉研修に来た、リッキー君です。地元開催の品評会で会いました。
イギリスの品評会でも、錦鯉関係のお店が出展していました。そこで、「Oomo Tategoi」大面養鯉場のポスターを見つけました。左上です。分かりますでしょうか。 左の画像に写っていたポスターです。愛嬌ある、自分のほっかぶり姿に笑ってしまいました。
ずらーっと並んだ展示プールの脇には、ガーデンレストランのような、綺麗な休憩所も設け、家族揃って1日中でも楽しめそうです。 休憩所前には、たくさんの出店があり、そこでの飲食も楽しみの一つとなりそうです。
子供が、錦鯉に興味を持ってくれることは、とても嬉しいことです。この笑顔がたまりません。 イギリスでも、メディアの取材がありました。
品評会で受賞した時の笑顔は、万国共通です。
イギリスでも、簡単な勉強会を2回行いました。一回目は愛好家の方の自宅でした。そこで、当社のホームページを少々アピールをしてきました。奥のスライドに写っているのが、そうです。
二回目も、たくさんの愛好家の方が集まりました。皆さんの、熱心に聴いてくださる姿勢に身が引き締まる思いでした。
ここからは、「錦鯉と池」を、センスあふれる感性で、楽しんでいるイギリスの愛好家の方の池を、少し紹介したいと思います。どの池も、品評会だけではなく、錦鯉を通して、毎日の生活も充実できるような、趣向を凝らした、すばらしい池でした。
そして、さらに注目したのは、今回ご紹介した愛好家の方の池は、池の内側に、シートを使用していました。このような形で池作りを行えば、池の修復や移動も行いやすいと思います。しかも、見た感じは、日本の多く見られる、コンクリート池とは変わりませんでした。いろんな所で勉強になりました。
広大な芝生の上に、ビニールハウス。一見「野菜のハウス」と思いましたが、中には錦鯉の池がいくつも並んでありました。この発想は、なかなか私にはできないと思いました。
この、童話の世界から出てきたようなすばらしい家屋。その中庭には、その家にぴったりの石で組んだ池がありました。
やや日本風に近い池でした。木々も池に合わせていた、細かいところに凝った池でした。 日本の生産者のような、機能重視のプロ仕立ての池でした。
温室風の室内池です。映画にもでてきそうな、おしゃれな池でした。 ガーデンテラスに池、家族がくつろげる空間を上手に作っていた池でした。
とても、近代美術館のような、スタイリッシュな池でした。 ヨーロッパと和風を上手にミックスした池でした。
池の周りに掛けられる位の枠をとった、細長い池です。何時間でも錦鯉を見れそうです。 ドーム形ハウス池と、中にある大きな錦鯉プールです。自分なりの方法で考えている池でした。



 
ページの先頭へ
            プライバシーポリシー       サイトポリシー       お問い合わせ
株式会社錦鯉新潟ダイレクト                                            Copyright Nishikigoi Niigata Direct CO.,LTD. All rights reserved.