本文へジャンプ
文字サイズ大文字サイズ中
文字サイズを変える
                   トップページ    お問い合わせ

池上げ予定  第1弾

当才の池上げを、9月18日(火)より9月29日(土)まで予定しています。
当才売りもいたします。詳しくは、お電話(090-8038-6009 田中)かメールでお問い合わせください。

池上げする
品種は、以下の14種です。
 大正三色、昭和三色、白写り
 銀鱗紅白、銀鱗三色、銀鱗昭和
 ドイツ三色、ドイツ昭和、ドイツはりわけ、落ち葉しぐれ、秋水
 孔雀、紅九紋竜、紅輝黒竜 

品種により、おおまかな生産池と担当者が決まっています。
生産池は、以下の通りです。

長岡市蓬平地区(田中誠)
 大正三色4面、銀鱗三色2面、昭和1面、銀鱗昭和1面、
 ドイツ三色1面、ドイツ昭和1面、ドイツはりわけ1面、落ち葉しぐれ1面
 紅九紋竜1面、秋水1面 

長岡市濁沢地区(金子康明)
 白写り2面、孔雀3面、紅輝黒竜2面  

長岡市六日市地区(大面富士雄)
 昭和3面、銀鱗昭和2面 

長岡市柿町地区(小林民一、金子康明、大面富士雄)
 昭和2面、銀鱗昭和1面、白写り2面、孔雀2面、紅輝黒竜1面 


※これまで、小林は影の存在として錦鯉新潟ダイレクトを支えてまいりましたが、今年より
「民一(たみかず)養鯉場」としてデビューすることになりましたので、よろしくお願いいたします。

※二才以上の池上げは10月1日からです。
詳しくは、後ほど掲載いたします。



今年の当才のでき具合について、各担当者が報告いたします。
田中誠(丸庄養鯉園)
今年は特に”優秀品ジャンボ三色”を目標に春より厳しく選別を行ないました。
その結果、最終選別では、一反当たり約100尾に厳選し、それらが現在20〜25cmほどに成長しています。
墨は未完成ながら、質のよい紅と段模様の夢の立鯉が上がってくるような予感がしています。

金子康明(金子養鯉場)
例年にもまして、白写りと孔雀の生産に力を注いで参りました。
今年は特に、初腹の孔雀のできがとてもいいようです。
今から、池上げを思うとワクワクしてきます。また、柿町地区で生産している白写りも、夏が終わり水温の低下とともに、艶がのり、純白な白になってきています。

大面富士雄(大面養鯉場)
今年も、昭和三色と銀鱗昭和を専門に稚魚飼育をしてまいりました。
春から、メインの親鯉と若く質のよい親鯉の黒子を合計50万尾ほど育成してきました。飼育池は大小合わせて11面で、5回の選別をしてきました。それらが現在25cm前後に成長しています。
誰が見ても美しく優雅な、将来性のある昭和三色がたくさん上がってくることを期待して、楽しみながら池上げをしたいと思っています。

小林民一(民一養鯉場)
今年は銀鱗紅白に加え、銀鱗昭和を生産しました。
各1面ずつ、柿町の稚魚池で4〜5回の選別をして、厳選飼育しています。
現在、それぞれ20〜23cmほどに成長しています。
成長するほどに見栄えのする、質の良い、本格派模様の当歳が上がってくることを期待して、池上げの日を待ちどおしく思いながらエサやりをしています。

 




 
ページの先頭へ
            プライバシーポリシー       サイトポリシー       お問い合わせ
株式会社錦鯉新潟ダイレクト                                            Copyright Nishikigoi Niigata Direct CO.,LTD. All rights reserved.