本文へジャンプ
文字サイズ大文字サイズ中
文字サイズを変える
                   トップページ    お問い合わせ
受賞鯉 期待の逸品 親 鯉 池上げ情報 品評会情報 錦鯉成長の記録

親 鯉
当社作出の錦鯉の親鯉を紹介しています。錦鯉の持っている質と体型を重視して親鯉を選んでいます。そして、健康で白地のきれいな錦鯉を選びます。


2009年 今年の親鯉の一部です。
今年は、メス親鯉に、野上系の昭和三色と阪井産の大正三色を新たに導入しました。そのメス親鯉には、当社作出のオスを組み合わました。昭和三色、大正三色、共に期待いっぱいの錦鯉です。
そして、稚魚池を増やし、昨年より多く生産できるようにしました。少しでも多く、逸品鯉を増やしていきたいと思っています。
また、イギリス人のリッキー君が錦鯉研修に来ており、今回の研修では、産卵準備から毛子を放すまでを実習しました。そのリッキー君、小さい頃から鯉屋になると決め、錦鯉にかける情熱は並々ならぬものがあります。こちらの将来も楽しみです。
産卵準備の池に錦鯉を放しました。
産卵用の池を準備しました。 今年は、イギリスから研修に来たリッキー君も手伝ってくれました。
2009年 大正三色の親鯉
大正三色の一組目の親鯉です。メス親は、85cmとかなり大きいです。 メインの昭和三色の組み合わせは健在です。今年もいい錦鯉を産んでくださいね。
2009年 銀鱗紅白の親鯉 2009年 大正三色の親鯉
銀鱗紅白の親鯉です。 大正三色の二組目の親鯉です。メス親は今回、阪井産の若昇竜系を導入しました。
2009年 大正三色の親鯉
今年期待の野上系昭和三色の親鯉です。期待に応えてほしいのですが・・・ 銀鱗大正三色の組合せです
産卵前の様子 産卵前の様子
錦鯉を産卵場所に放した様子です。たいていは、午前中にセットすると、次の朝までには産卵しています。
毛子 毛子を野池に移す作業
黒子選別後の毛子です。 毛子は、ビニール袋につめて稚魚池へ移動します。
毛子の移動 稚魚池
ビニール袋に移され、稚魚池へ。そのビニール袋には、各組み合わせの親鯉の名前が書いてあります。 稚魚池です。毛子が食べるミジンコが、多く発生するように、池には鶏糞がまかれています。それで、初めはこんな色をしています。




 
ページの先頭へ
            プライバシーポリシー       サイトポリシー       お問い合わせ
株式会社錦鯉新潟ダイレクト                                            Copyright Nishikigoi Niigata Direct CO.,LTD. All rights reserved.